えぇ~話

 吉本新喜劇の小薮千豊さんのお話です。

 

お笑いだけではなく、歌を作って、唄っているんですよ。

知っていましたか?


小薮さんのお母さんが大好きだった、小薮さんのネタは
『モロゾフのプリンのカップって、丈夫に出来てるから、

 捨てるのは勿体ないって、絶対洗って使ってしまうんですよ。

 もういっぱいあるっていうのに、この間またモロゾフのプリンをもらったからって、

 また洗って使ってるんですわ~。』

というネタだったそうです。

そんなお母さんが、小薮さんが吉本新喜劇の座長になる一年前に、

病気になり、入院。
病院のベッドで意識が朦朧としていたお母さんが、

急にパッと意識を取り戻し、小薮さんの顔を見て一言

『おかあちゃん、モロゾフのプリン食べたいわ~。』

とおっしゃったそうです。

 

『デパートはもうすぐ閉店。

 今、買いに行ったら、戻って来るまでにおかあちゃん、死んでしまうかもしれへん。

 けど、俺、今まで何もしてあげられへんかったから、買うて来よう!』

と小薮さんはバイクを飛ばして、買いに行ったそうです。

 

無事、買って戻ってきた小薮さん。

お母さんの口元にモロゾフのプリンを持って行ってあげましたが、

『おかあちゃん、もうしんどくて、食べられんわ~。』

と食べる事はできなかったそうです。

親が亡くなってしまうことなんて、考えた事もなく、

何の親孝行もしてこなかった自分を大変悔やまれたそうです。

そして、その気持ちを数年後歌にしたそうです。

サムネイル
小藪千豊『プリン』http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=_VjvHKOCDOw


上の青い英語の部分をクリックすると聞けると思います。

 

是非クリックして聞いてみてください。

 

かなり感動ではないですか??

 

なんだか、この話の内容は、

全ての事につながるような気がします。

 

命の話だけではなく、

”あの時やっておけばよかった~!”

って思うことって、たくさんありますよね。

 

kuma

 

デイサービスひなたぼっこ

神奈川県横須賀市久里浜2-20-1

新井ビル3階

 

電話046-835-1220

 

E-mail

hinatabokko@vanilla.ocn.ne.jp