介護のすごさ!!~改めて感じました~

介護の世界に入り、長いこと経ちますが、

 

改めて介護のすごさに気づくことが、

 

時々あります。

 

ご自宅で介護されている方も、施設の職員も、

 

その場では気づかないことが多くても、

 

長い目で見ると、すごいことをしていると気づくことがあります!

 

今回、このようなことを書いて良いのか迷いましたが、

 

せっかく気付いた介護のすごさを書きたいと思いました。

 

 

 

実は先日、私の祖母が亡くなりました。

 

アルツハイマーになり20数年、

 

食べることも、話すことも出来なくなり、

 

食事が経管栄養になって8年程とのこと。

 

もちろん医療の力もすごいですが、

 

祖母の場合は、介護の力のすごさを、とても感じました。

 

介護サービスを使いながら、母の姉である、同居の長女が、

 

とても献身的な介護をしてきました。

 

ここ数年、自分はお正月など、親戚が集まる時にしか

 

会うことがなかったのですが、

 

硬縮している体を、完璧にクッションやタオルで保護し、

 

体位変換など欠かさず、

 

いつも良い状態で、穏やかな顔で、横になっていました。

 

声を掛けても、話すことはできませんが、

 

とても血色の良い顔で、目を開けてくれ、少し笑顔に見えることもありました。

 

経管栄養など、医療の力が無かったら、

 

当然こんなに長く生きていることは出来なかったと思います。

 

ですが、介護の力がなかったら、

 

これだけ長い間、ベッドで寝ていることも

 

出来なかったはずです。

 

褥瘡(じょくそう)になってしまうことはとても多いです。

 

清潔を保たないと、その他皮膚疾患になりやすいです。

 

横になってばかりでは、体に良いことは少なく、

 

色々な体制にさせないといけません。

 

自分がたまに会いに行った時に、

 

いつも同じように、綺麗な顔で寝ていることには、

 

毎日の介護がきちんとされていたことは、

 

言うまでもありません。

 

祖母に関わって下さった介護サービスの方々、

 

祖母にいつも会わせてくれた、祖母の長女とその家族に

 

感謝すると共に、

 

改めて、介護の力のすごさを教えてもらいました。

 

自分が小さい時に、たくさんお話をしてくれ、

 

歌を唄ってくれた祖母、

 

アルツハイマーになり、ショートステイに行っても、

 

得意の歌で人気者だった祖母は、

 

きっと天国でも歌を唄っていると思います。

 

kuma

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ted (水曜日, 01 2月 2012 20:54)

    kumaさんのおばあさんは大変だったんですね。ブログを読ませていただいた

    様子では、きっと感謝して天国へ旅立ったことと思います。

    介護の力なくしてはとても考えられないですね。

    これを読んだ私の家族は感激で涙を流していましたよ。

    ひなたぼっこの力も見えないところでも「お蔭様で」と感謝している方がいる

    ことと思います。

    今日は感激しました!!!


  • #2

    kuma (木曜日, 02 2月 2012 18:24)

    tedさん
    コメントありがとうございます。

    介護の大切さやすごさは、その場その場では、
    なかなか分からず、ご家族様には、辛さとしか思えない
    場面も多いと思います。

    でもその積み重ねが半年、一年・・・と続いた時に、
    維持、向上していることで感じる介護のすごさは、
    必ずあると思いますが、なかなか難しいことですよね。

    今後も介護のすごさを発信していければと思います。

デイサービスひなたぼっこ

神奈川県横須賀市久里浜2-20-1

新井ビル3階

 

電話046-835-1220

 

E-mail

hinatabokko@vanilla.ocn.ne.jp